太陽光発電システムの仕組み

環境問題や省エネルギー対策の手段として、最近では戸建て住宅にも太陽光発電が取り入れられるようになりましたが、依然として初期費用が高額となる現状があります。補助制度が導入されているものの導入費用の一部でしかありませんので、導入に当たりシステムの構造や仕組みを理解しておく必要があります。太陽光発電は、名称からも分かる通り太陽光を電気に変換して電力を得る仕組みとなっています。外観上のシステム構成は非常にシンプルに見えますが、ソーラーパネルとも呼ばれる太陽電池モジュールが太陽光を受けて電気を作り出し、パワーコンディショナーが家庭で使える電力に変換し建物内部に送り込みます。電力を作り出すには太陽電池モジュールが重要な役割を果たしていますので、システムの選択では発電効率が高いものを採用するのが効果的になります。性能が同じであれば、太陽電池モジュールの面積が大きければ大きいほど多くの電力を発電することが可能ですが、現実問題として設置できる場所が限られているため、発電効率の良い太陽電池モジュールを選ぶことが基本となります。

ソーラーパネルがついている一戸建ての家も最近ではよく見かけるようになりました。東日本大震災の後、エネルギー不足が問題となりマンションなどにも屋上にソーラーパネルをつけて、共用部の照明などをそれで賄えるように環境にも配慮をしたマンションが販売されています。電力不足を少しでも補っていけるといいですよね。

ソーラーパネルといえば、先日の鬼怒川の堤防決壊の原因がこのソーラーパネルを設置するために業者が堤防を壊したというのをニュースでやっていてびっくりしました。ソーラーパネル自体には問題がないのは明らかで、業者の怠慢がこの未曾有うの災害に繋がった、人災だと思います。一刻も早く被災地が復興しますようにと祈るばかりです。

FRP 実績
2221

太陽光発電の営業

我が家も昨年一戸建てを購入しましたが、太陽光発電などは付いていません。とてもいいシステムだとは思っていますが、半永久的なものだとは思えませんし、何よりも初期費用がかさむので得には検討しませんでした。最近になって頻繁に太陽光発電の営業が訪問してくるようになりました。同時期に建った近隣の住宅もシステムが付いていないので、この辺りを重点的に回っているのだと思います。地元の友達の家にも太陽光発電は付いているのですが、かかる費用対効果がどの程度なのかが算出できないため、なかなかYESとは言えないのが現状です。

Copyright ©All rights reserved.太陽光発電システムの仕組み .